大発見!!家庭で食べれる究極の鍋スープ(「銀座やまと」鍋スープ)

最近ほんとに寒いですよね。

そんな寒い日は、ついつい鍋が食べたくなってしまいます。

私は、日々美味しい鍋の素を探していたのですが、ついに出会ってしまいました!

そうそれが、「銀座やまと」鍋スープです。そもそも、「銀座やまと」とは銀座にある豚の専門店になります。

そして、この鍋スープの最大の特徴はなんと言ってもその値段です笑

なんと鍋スープにも関わらず、1,100円もします!

普通の鍋スープが300円くらいだとすると約4倍近い値段です。

それでは、さっそく紹介していきたいと思います。まず、パッケージはこちら。

値段の割には、意外とシンプルな見た目です_φ(・_・

拡大すると、豆板醤等を中心に作った辛めのスープであることがわかります。

ここで、作り方を見るため裏面を見たいと思います。作り方としてはスタンダード。野菜の後、豚肉を入れていくスタイルみたいです。そして、シメにはおじや。期待が膨らみます(●´ω`●)

ただ、ここでなんと驚くべきポイントが笑

豚肉スライス600g!!!!!!!!!!

えっ、鍋でこの肉の量。なんですか、この鍋は!

封を開けて、開けてみるとそこには血の池地獄が笑

大丈夫な辛さか不安がよぎります。

そんな不安もよそに野菜をガンガン投入しまーす!

入れた野菜は、白菜ともやしとえのき茸です。野菜の旨味が滲み出てうまくなる期待がムンムンですね。

野菜がちょうどよく煮立ったところで、お肉を投入します!流石に600g入りきらなかったので、まずは半分のお肉をいれます。

さぁ、これで完成です(●´ω`●)

さっそく食べて行きたいと思います。一口目、辛っと!言いたいところですが、意外にも辛くなく辛さの中に甘さがあります。

そして、辛さがまるでオーケストラのように層ごとに分かれて複雑な味わいを出しています。

正直、とっても美味しいです!

ここで、鍋のお供に登場!やっぱり、ビールが合いますね。

食べて進めていくと、豚肉をたくさん入れる理由が分かりました。これ鍋っていうよりも肉を食べるための料理ですね笑

肉と辛味が大変よく合い、ビールがガンガン進みます。

最後は、おじやにしましたがこれがまた新たな料理って感じで、やみつきになりそうでした!

ちなみに、この鍋料理どこかで似たやつ食べたなと思ったんですが、スートウロウでした!

ここの鍋も絶品なので、一度行ってみてください。(隠れ家的な店なので、行ったらまずは玄関でビックリすると思いますが笑)

食べログ

:https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13210875/top_amp/

以上、銀座やまと鍋スープでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました